私はへのへのもへじ

「へのへのもへじ」に激似だそうです

家族

My family is most important thing to me.(家族は私にとって一番大切な物。)

イギリスの語学学校では文法、スピーキング、リスニングなどなど日本の学校の英語の授業よりもマルチな分野を勉強しますが、今日の授業の例文の1つにこんな文章がありました。学習の狙いとしては「to me」の部分なのですが、このフレーズはそのまんま私の考えでもあります。

数回アメリカやカナダを訪れている私にとって、家庭環境が複雑であることはさほど珍しいことではありませんが、いざ日本の自分の家族のことについてとなると時々不安になることがあります。

正直な話、私の両親は約2年前に離婚しましたが様々な問題を今でも抱え込んでいます。離婚した当時「まるで昼ドラ」と母が零したようなこともあり、あまり詳しいことは友人にも話したことがありません。

家族関係が上手くいかないことは日本でも珍しくありませんが、やはり「普通じゃない」という見方をされやすいものです。これに加え、私はどうしても「幸せだったあのころ」の夢想をやめられないんです。戸籍上の家族も昔の家族も、私にとってはどちらも「最も大切な物」で、非がある家族を憎むことなんて到底できないと思います。

兄弟には「馬鹿だ」と言われるんですが、大人のドロドロした修羅場を見てもそのあとに必ず昔の優しい思い出がフラッシュバックして来るんです。傷ついた家族もいるし、自分だって確かに許せないと思ったのに、「もしあの時ああしていれば、こんなことにならなかったのかも」と考えずにはいられません。

私の経験は最悪なものではないですが、「子供」である最後の年に思ったことがあります。子供にとって、家族は自分の居場所であり故郷であり、拠り所であって欲しい場所だということ。それから、昔の記憶もやはり信じたい家族の姿の一つであるということ。

こんな子供の頃の記憶を思い出し、気持ちが落ち着かない時はよくエクストレイルに乗ってドライブに出かけていました。
イギリスにいる今はそうできないことが残念です。
夏でも冬でも、窓を全開にして風を感じながら走ると、どんな嫌なことでもその瞬間だけは忘れることができるから。


About The Author

Comments

Comments are closed.

Copyright © 2017 私はへのへのもへじ is Proudly Powered by Wordpress. Theme by The Cloisters